ご挨拶

心の問題にとりくむ
日本文化を振興することによって
風格のある静岡をつくる

優しさや思いやりがない世界というのは生きづらいのではないでしょうか。健康に生きるには必要な条件でしょう。目には見えないけれども、とても大切なものだと思います。

相手を思いやるという気持ちを市政に反映させたいと考えています。
礼を大切にする日本文化の振興は私の大きなテーマです。そのうえで、収益を増やし、生活クオリティーの向上という課題に取り組んでいきます。

静岡市は政令指定都市、かつ古代には国府として栄え、中世には今川氏が治め、徳川家康が住み、府中と呼ばれた歴史のある都市であります。次世代を見据え、生涯を通して品格のある政令市としての政策を進めていきたいと考えます。

市民にとって身近で欲しがられる行政窓口を設置する。条例策定により住みやすい街をつくる。投資と市政運営をバランス良く考え、財政力の強化を目指す。このように静岡市の将来に、責任の持てる政治を心掛けていきます。

みなさまと共に手を取り合って、ひとつひとつ取り組んでいきたいと思います。私の覚悟は出来ました。どうぞ、いっしょに静岡市をつくっていきませんか。